2021-11

投資

今週の金融市場 2021年11月27日(土)

日本時間の金曜日早朝に、南アフリカで新型コロナの新しい変異株が検出され、感染力がデルタ株より強く、ワクチンが効かない可能性があるとの報道がなされ、急激にリスクオフの動きが進み、株式や商品が売られ、円や債券が買われました。金曜日の日経平均株価は747円安となりました。欧州市場や米国市場でも株式は暴落となり、大証の日経平均先物価格は、金曜日の日経平均株価終値より更に893円安で引けました(日本時間の土曜日朝6時)。
投資

今週の金融市場 2021年11月20日(土)

先週の米国では、インフレが消費を抑制する指標が示されました。今週は、火曜日に好調な10月の小売売上高が発表され、インフレが消費を抑制する懸念が薄れ、株が買われる場面もありました。しかし、金曜日に新型コロナ蔓延でオーストリアが完全ロックダウンを発表し、ドイツも追随の可能性ありとの報道から、市場は一気にリスクオフムードとなりました。
投資

今週の金融市場 2021年11月13日(土)

経済は好調なものの、インフレ高進が止まらず、遂にインフレにより消費を控える数字が示され、これが景気悪化に繋がる懸念が出てきました。これを防ぐために利上げを前倒しするとしても、それが更なる景気悪化を招く可能性があり、FRBの金融政策が難しい状況に陥る可能性もあります。債券市場も明確な方向性を示せず、債券利回りも混乱気味です。今後、金融緩和縮小の遅れが経済を混乱させるシナリオも考えられます。
投資

今週の金融市場 2021年11月6日(土)

今週の米国金融市場では、火曜~水曜にはFOMC(連邦公開市場委員会)、金曜日には雇用統計発表と2つの大きなイベントがある中、好調な企業決算と経済回復基調を受け、米国株主要3指数は月曜日から史上最高値を更新し、木曜日にダウが下落した以外は、3指数ともすべての日で史上最高値を更新しました。
タイトルとURLをコピーしました