今週の金融市場 2020年10月3日(土)

概要

今週は下記の大きな出来事がありました。
・29日(火) NTTがTOBによりNTTドコモの完全子会社化を発表
・30日(水) 米国大統領選 第1回討論会(米国時間29日夜)
・1日(木) 東京証券取引所がシステム不具合で終日取引停止
・2日(金) トランプ大統領が新型コロナウィルスに感染、その後入院(米国時間2日未明)
・2日(金) 米国雇用統計で新規雇用者数の伸びが大きく鈍化(米国時間2日朝)

今週の米国株式市場では、遅れている新型コロナ追加経済対策の議会動向への期待などからハイテク株が大きく買われました。上記の大きな出来事で材料視されたのはトランプ大統領の感染だけで、金曜日には各指数とも大きく下げましたが、先週末比では各指数とも上昇となっています。

日本株式市場には大型ハイテク株がないため、米国市場に比べて上昇が弱く、先週末比で下落となっています。 NTTドコモ買収や東証システムダウンは影響が大きい割に、株価には大きく影響しませんでした。

為替は週末はリスクオフへの動きとなりましたが、先週末比ではそれ程大きく動いていません。

原油は先週末比で7.7%の暴落、金は上昇となりました。

中国では国慶節に入り、株式市場は30日(水)までです。

為替

2020年10月2日(右は前週末比)
ドル円 105.30 -0.32 -0.30%
ドルIDX 93.81 -0.77 -0.81%
ユーロ円 123.39 +0.55 +0.45%
ユーロドル 1.1716 +0.0085 +0.73%
ドル人民元 6.7898 -0.0322 -0.47%

日本株

2020年10月2日(右は前週末比)
日経平均株価 23,029.90 -174.72 -0.75%

米国株

2020年10月2日(右は前週末比)
S&P500 3,348.44 +49.98 +1.52%
Dow30 27,682.81 +508.85 +1.87%
Nasdaq 11,075.02 +161.46 +1.48%

中国株

2020年9月30日(右は前週末比)
上海総合指数 3,218.05 -1.37 -0.04%

原油・ゴールド

2020年10月2日(右は前週末比)
原油WTI先物11月限 36.97 -3.08 -7.69%
ゴールドスポット価格 1,898 +36 +1.93%

日本国債

2020年10月2日
債券先物 10年物 152.16 前週末 152.16

国債(償還日 利回り 前週末利回り)
417回 2年利付国債 2022-10-01 -0.140% 前週末 -0.160%
144回 5年利付国債 2025-06-20 -0.120% 前週末 -0.125%
360回 10年利付国債 2030-09-20 0.015% 前週末 0.005%

米国債

2020年10月02日
13週債利回り 0.085% 前週末 0.090%
5年債利回り 0.285% 前週末 0.267%
10年債利回り 0.696% 前週末 0.659%

コメント

タイトルとURLをコピーしました