今週の金融市場 2020年12月5日(土)

概要

今週の米国金融市場は、

  • 新型コロナワクチンの年内実用化見通しが更に具体化した
  • 目下の米国経済の回復は力強さに欠けており、新型コロナの蔓延拡大も続いている
  • 追加経済対策に関して共和・民主両党への圧力がいよいよ強まり、妥結が近いとの観測

などを材料に、超金融緩和に加え大規模財政出動が実現し、ドル紙幣増刷予測と経済回復期待によるリスクオンの動きとなりました。

外国為替市場では、安全通貨としてのドルが売られ、ユーロの力強い上昇が続いています。

米国株式市場では、S&P500とナスダックが史上最高値を連発し、金曜日にはダウも含めた3指数とも史上最高値を更新しました。

米国債も先行きの経済回復を見越して、長期債利回りが上昇し、長短利回り格差が拡大しています。

米国株ほどの力強さは無かったものの、日本株も前週比で上昇しました。

1ヶ月にわたり価格の急回復を続けている原油は、強含みを維持しています。

中国は、今週も経済指標・人民元・株式市場とも堅調でした。

総じて、先週までの動きが続いている状況です。

外国為替

2020年12月4日(右は前週末比)
ドル円 104.20 +0.12 +0.12%
ドルIDX 90.81 -0.98 -1.07%
ユーロ円 126.26 +1.73 +1.39%
ユーロドル 1.2127 +0.0163 +1.36%
ドル人民元 6.5301 -0.0437 -0.66%

日本株

2020年12月4日(右は前週末比)
日経平均株価 26,751.24 +106.53 +0.40%

米国株

2020年12月4日(右は前週末比)
S&P500 3,699.12 +60.77 +1.67%
Dow30 30,218.26 +307.89 +1.03%
Nasdaq 12,464.23 +258.38 +2.12%

中国株

2020年12月4日(右は前週末比)
上海総合指数 3,444.58 +36.27 +1.06%

原油・ゴールド

2020年12月4日(右は前週末比)
原油WTI先物1月限 46.09 +0.56 +1.23%
ゴールドスポット価格 1,837 +49 +2.74%

日本国債

2020年12月4日

債券先物 10年物 152.00 前週末 152.22

国債(償還日 利回り 前週末利回り)
419回 2年利付国債 2022-12-01 -0.135% 前週末 -0.130%
145回 5年利付国債 2025-09-20 -0.110% 前週末 -0.110%
360回 10年利付国債 2030-09-20 0.020% 前週末 0.025%

米国債

2020年12月4日
13週債利回り 0.075% 前週末 0.073%
5年債利回り 0.423% 前週末 0.369%
10年債利回り 0.969% 前週末 0.842%

コメント

タイトルとURLをコピーしました