今週の金融市場 2021年1月16日(土)

概要

今週の米国金融市場は、

  • バイデン次期大統領が1.9兆ドル規模の経済支援策の概要を公表
  • 連邦議会下院がトランプ大統領の弾劾訴追を決議
  • 新型コロナの欧米での蔓延猛威続き、米国内のワクチン接種の進行に遅れ

などが材料となりましたが、期待されていた新政権の経済支援策は予想通りの規模であり、市場では利益確定売り優勢となりました。また、トランプ大統領の弾劾訴追は経済支援策の実行を遅らせると解釈されました。新型コロナの蔓延状況悪化は先週と同じですが、今週は懸念材料となりました。
5週ぶりに3指数が揃って前週末比で下落となりました。

利回り上昇中だった米国債は、リスクオフで買われて利回り下落となりました。

ユーロドルも下落しました。

リスクオフで原油価格は下落し、またユーロドルも下落したため、ドル建てのゴールド価格も下落しました。

一方、日経平均株価は、米国株とは逆行し、前週比で上昇となりました。

米国では、長期的には金融緩和継続と大型財政出動で株式市場には追い風と見られているようですが、今週は、悪いものも含めて材料が出揃い、利益確定のタイミングとなりました。

外国為替

2021年1月15日(右は前週末比)
ドル円 103.89 -0.08 -0.08%
ドルIDX 90.78 +0.71 +0.79%
ユーロ円 125.49 -1.55 -1.22%
ユーロドル 1.2085 -0.0144 -1.18%
ドル人民元 6.4800 +0.0050 +0.08%

日本株

2021年1月15日(右は前週末比)
日経平均株価 28,519.18 +380.15 +1.35%

米国株

2021年1月15日(右は前週末比)
S&P500 3,768.25 -56.43 -1.48%
Dow30 30,814.26 -283.71 -0.91%
Nasdaq 12,998.50 -203.48 -1.54%

中国株

2021年1月15日(右は前週末比)
上海総合指数 3,566.38 -3.73 -0.10%

原油・ゴールド

2021年1月15日(右は前週末比)
原油WTI先物2月限 52.06 -0.66 -1.25%
ゴールドスポット価格 1,828 -21 -1.14%

日本国債

2021年1月15日

債券先物 10年物 151.85 前週末 152.06

国債(償還日 利回り 前週末利回り)
420回 2年利付国債 2023-01-01 -0.130% 前週末 -0.125%
146回 5年利付国債 2025-09-20 -0.105% 前週末 -0.110%
361回 10年利付国債 2030-09-20 0.030% 前週末 0.035%

米国債

2021年1月15日
13週債利回り 0.075% 前週末 0.080%
5年債利回り 0.455% 前週末 0.479%
10年債利回り 1.097% 前週末 1.105%

コメント

タイトルとURLをコピーしました