今週の金融市場 2021年2月20日(土)

概要

今週の米国金融市場では、バイデン政権の経済支援策により景気回復が確実との見方になってきました。

超金融緩和と超大型財政出動によるインフレを意識して長期債利回りが大きく上昇し、ハイテク株が売られてナスダックとS&Pは前週末比で下落しました。先週から続くハイテク株からエネルギー・金融・素材株などの景気敏感株への乗り換えの動きから、ダウは小幅上昇でした。

日本株は月曜日に暴騰して日経平均株価が3万円を超え、火曜日まで暴騰が続きましたが、水曜日からは米国の動きに追随して日経平均は3日続落となりました。

長期債利回り上昇で金利を生まないゴールドは大きく売られました。

一方、大上昇中の原油は、米国での寒波による停電で原油供給に支障が出たことで更に上昇し、一時WTIは62.26ドルまで上昇しましたが、週末には停電が復旧して前週末比で1%以上安く引けました。

長期債利回り上昇ですが、一方でリスクオンによる米ドル売りの動きもあり、米ドルは一方的上昇とはなっていません。

米国債は10年物の利回りが大幅上昇の一方、短期債利回りは下落しました。

日本国債は短期債も長期債も下落し、利回り上昇です。

春節明けの中国株は、引き続き上海総合指数が堅調です。

外国為替

2021年2月19日(右は前週末比)
ドル円 105.44 +0.50 +0.48%
ドルIDX 90.35 -0.08 -0.09%
ユーロ円 127.77 +0.59 +0.46%
ユーロドル 1.2116 -0.0003 -0.02%
ドル人民元 6.4547 +0.0005 +0.01%

日本株

2021年2月19日(右は前週末比)
日経平均株価 30,017.92 +497.85 +1.69%

米国株

2021年2月19日(右は前週末比)
S&P500 3,906.71 -28.12 -0.71%
Dow30 31,494.32 +35.92 +0.11%
Nasdaq 13,874.46 -221.01 -1.57%

原油・ゴールド

2021年2月19日(右は前週末比)
原油WTI先物3月限 59.04 -0.68 -1.14%
ゴールドスポット価格 1,784 -41 -2.25%

日本国債

2021年2月19日

債券先物 10年物 151.19 前週末 151.66

国債(償還日 利回り 前週末利回り)
420回 2年利付国債 2023-01-01 -0.120% 前週末 -0.135%
146回 5年利付国債 2025-09-20 -0.080% 前週末 -0.115%
361回 10年利付国債 2030-09-20 0.100% 前週末 0.060%

米国債

2021年2月19日
13週債利回り 0.023% 前週末 0.035%
5年債利回り 0.581% 前週末 0.485%
10年債利回り 1.345% 前週末 1.200%

コメント

タイトルとURLをコピーしました