今週の金融市場 2021年2月27日(土)

概要

今週の米国金融市場では、雇用・個人消費関連の指標が良好でワクチン接種も進んでいることから、景気回復の動きが更に確認され、インフレ懸念も台頭し、長期債利回りが高騰して株式は大きく下落しました。

水曜日までは、ハイテク株から景気敏感株への乗り換えの動きでナスダックは下落していたものの、ダウは上昇していましたが、木曜日に10年債利回りが危険水域と言われる1.5%を大きく上回る1.614%まで上昇し、ダウも暴落となりました。金曜日には10年債利回りも1.4%台に戻り、大きく下げていたナスダックは上昇したものの、ダウは続落でした。

米国景気回復とドル金利上昇で米ドルは上昇、特に円に対して上昇しました。

日本株は、木曜日に大きく上げていたこともあり、金曜日には日経平均株価が1,200円以上の大暴落でした。

日本国債も利回りは大きく上昇しています。

堅調が続いていた上海総合指数も前週比で暴落し、人民元もドルに対して下落しました。

ゴールドはドル高による割高感から下落しました。

原油は、米国南部産油地の寒波による石油生産停滞からの復旧が遅れ、懸念が再燃し一時63.46ドルまで上昇しましたが、ドル高による割高感から61.50で週末終値となりました。しかし、前週末比では大きく上昇です。

暴騰していたビットコインには大暴落がありました。

外国為替

2021年2月26日(右は前週末比)
ドル円 106.57 +1.13 +1.07%
ドルIDX 90.95 +0.60 +0.66%
ユーロ円 128.63 +0.86 +0.67%
ユーロドル 1.2070 -0.0046 -0.38%
ドル人民元 6.4730 +0.0183 +0.28%

日本株

2021年2月26日(右は前週末比)
日経平均株価 28,966.01 -1,051.91 -3.50%

米国株

2021年2月26日(右は前週末比)
S&P500 3,811.15 -95.56 -2.45%
Dow30 30,932.37 -561.95 -1.78%
Nasdaq 13,192.35 -682.11 -4.92%

中国株

2021年2月26日(右は前週末比)
上海総合指数 3,509.08 -187.09 -5.06%

原油・ゴールド

2021年2月26日(右は前週末比)
原油WTI先物3月限 61.62 +2.58 +4.37%
ゴールドスポット価格 1,734 -50 -2.80%

日本国債

2021年2月26日

債券先物 10年物 150.62 前週末 151.19

国債(償還日 利回り 前週末利回り)
422回 2年利付国債 2023-03-01 -0.115% 前週末 -0.120%
146回 5年利付国債 2025-12-20 -0.055% 前週末 -0.080%
361回 10年利付国債 2030-12-20 0.160% 前週末 0.100%

米国債

2021年2月26日
13週債利回り 0.035% 前週末 0.023%
5年債利回り 0.776% 前週末 0.581%
10年債利回り 1.460% 前週末 1.345%

コメント

タイトルとURLをコピーしました