今週の金融市場 2021年9月25日(土)

概要

今週は、30兆円の負債を抱える中国の不動産超大手企業である恒大集団をめぐる破綻懸念が金融市場を大きく揺らしました。懸念から月曜日に米国株式市場は大幅に下落しました。23日の利払いの有無を巡って、一旦懸念が緩んだものの、その後利払いがされていないことから再び懸念が再燃するなど、不安定な状況が続いています。

また、火曜日~水曜日にはFOMC(連邦公開市場委員会)が開かれ、水曜日にはその結果が発表されました。量的緩和の縮小は11月に始まり、来年中には、従来予想から前倒しで利上げが始まると解釈されています。これを受けて米国債利回りはじわじわと上昇しましたが、株式は、月曜の大幅な下げもあり、むしろ上昇し、前週末比でも上昇して終わりました。

日本市場は月曜日と木曜日が祝日で休場となり、値動きは米国市場に追随する動きとなりましたが、前週末比では下落となりました。

実体経済の回復で原油需給はひっ迫して来ており、原油価格は前週末比で大きく上昇しています。

恒大集団問題を抱える中国ですが、上海総合指数や人民元は前週末比では大きな動きとはなっていません。

外国為替市場では、米国債利回りの上昇で、ドル円が大きく上昇しています。

外国為替

2021年9月24日(右は前週末比)
ドル円 110.76 +0.79 +0.72%
ドルIDX 93.27 +0.04 +0.04%
ユーロ円 129.81 +0.86 +0.67%
ユーロドル 1.1720 -0.0005 -0.04%
ドル人民元 6.4660 +0.0005 +0.01%

日本株

2021年9月24日(右は前週末比)
日経平均株価 30,248.81 -251.24 -0.82%
東証株価指数 2,090.75 -9.42 -0.45%

米国株

2021年9月24日(右は前週末比)
S&P500 4,455.48 +22.49 +0.51%
Dow30 34,798.00 +213.12 +0.62%
Nasdaq 15,047.70 +3.73 +0.02%

中国株

2021年9月24日(右は前週末比)
上海総合指数 3,613.07 -0.90 -0.02%

原油・ゴールド

2021年9月24日(右は前週末比)
原油WTI先物11月限 73.98 +2.16 +3.01%
ゴールドスポット価格 1,750 -5 -0.28%

日本国債

2021年9月24日(右は前週末比)

債券先物 10年物 151.62 前週末 151.71

国債(償還日 利回り 前週末利回り)
428回 2年利付国債 2023-09-01 -0.130% 前週末 -0.130%
148回 5年利付国債 2026-06-20 -0.095% 前週末 -0.100%
363回 10年利付国債 2031-06-20 0.050% 前週末 0.045%

米国債

2021年9月24日(右は前週末比)
13週債利回り 0.025% 前週末 0.028%
5年債利回り 0.957% 前週末 0.866%
10年債利回り 1.460% 前週末 1.370%

コメント

タイトルとURLをコピーしました