今週の金融市場 2021年12月25日(土)

概要

今週の米国金融市場では、月曜日には英国・米国などでのオミクロン株の感染蔓延拡大で懸念が強まり、また、民主党のマンチン上院議員がバイデン大統領の看板政策の気候変動・社会保障関連大型歳出法案を支持しないと表明したことで、株式は大幅下落となりました。

火曜日に株式は大きく反発し、その後、各国政府や研究機関からオミクロン株の感染力は強いものの重症化や死亡は少ないとの報告が相次ぎ、また、ファイザーとメルクの新型コロナ治療薬がFDA(米食品医薬品局)から限定的ながら使用が承認されるなどして、オミクロン株懸念は後退し、更に、各種経済指標が好調で、ナイキやマイクロンなどが好決算を発表するなどしたため、水曜・木曜も株価はしっかり上昇しました。金曜日はクリスマスで休場です。

金融市場がリスクオンの動きとなったことで、外国為替市場ではユーロが買われ、円が売られました。

先週下げていた米国債利回りは、しっかりと上昇です。

今週は、日本国債の利回りもはっきりと上昇しています。

原油価格は、リスクオンの動きに加えて米原油在庫の急減もあり、大幅上昇となりました。

日本株は、場中に売られても下値では買われる展開で、前週末比で上昇となっています。但し、岸田首相の唱える金融所得課税への懸念は続き、上値が伸びない理由ともされています。

外国為替

2021年12月24日(右は前週末比)
ドル円 114.36 +0.66 +0.58%
ドルIDX 96.04 -0.61 -0.63%
ユーロ円 129.51 +1.75 +1.37%
ユーロドル 1.1322 +0.0086 +0.77%
ドル人民元 6.3672 -0.0076 -0.12%

日本株

2021年12月24日(右は前週末比)
日経平均株価 28,782.59 +236.91 +0.83%
東証株価指数 1,986.78 +2.31 +0.12%

米国株

2021年12月23日(右は前週末比)
S&P500 4,725.79 +105.15 +2.28%
Dow30 35,950.56 +585.12 +1.65%
Nasdaq 15,653.37 +483.69 +3.19%

中国株

2021年12月24日(右は前週末比)
上海総合指数 3,618.05 -14.31 -0.39%

原油・ゴールド

2021年12月23日(右は前週末比)
原油WTI先物2月限 73.79 +3.07 +4.34%
ゴールドスポット価格 1,809 +11 +0.61%

日本国債

2021年12月24日

債券先物 10年物 151.83 前週末 152.11

国債(償還日 利回り 前週末利回り)
431回 2年利付国債 2023-12-01 -0.100% 前週末 -0.115%
149回 5年利付国債 2026-09-20 -0.090% 前週末 -0.100%
364回 10年利付国債 2031-09-20 0.060% 前週末 0.045%

米国債

2021年12月23日
13週債利回り 0.058% 前週末 0.030%
5年債利回り 1.243% 前週末 1.177%
10年債利回り 1.493% 前週末 1.402%

コメント

タイトルとURLをコピーしました