今週の金融市場 2022年1月22日(土)

概要

今週の米国市場では、FRBの金融引き締め観測でグロース株主導で株が売られる先週までの流れが続き、主要3指数が暴落しています。

また、ゴールドマンサックスの決算が市場予想を下回り、先週に続いて銀行決算が良くなかったり、週間失業保険申請件数、中古住宅販売戸数など経済指標に市場予想より悪化するものが出て来ています。

更に、木曜日の引け後に発表されたネットフリックスの第4四半期決算で、新規契約者数が市場予想を下回り、また先行きの見通しも低調で、金曜日にネットフリックス株は21.79%下落しました。

米国債は、金融引き締めを意識して利回りが上昇する場面もありましたが、株価が大きく下落し、ウクライナ情勢の緊張も継続しており、結局はリスクオフの動きとなったために利回りは低下しました。

リスクオフムードの中、外国為替市場でも、円高ユーロ安となっています。

日本株も大幅安ですが、下げ率では米国株の半分以下です。

原油は今週も上昇、ゴールドも上昇です。

水曜日に中国人民銀行が利下げを行っています。不動産企業の資金繰り問題に関連しているものと思われます。

外国為替

2022年1月21日(右は前週末比)
ドル円 113.67 -0.55 -0.48%
ドルIDX 95.62 +0.47 +0.49%
ユーロ円 128.94 -1.45 -1.11%
ユーロドル 1.1343 -0.0071 -0.62%
ドル人民元 6.3385 -0.0139 -0.22%

日本株

2022年1月21日(右は前週末比)
日経平均株価 27,522.26 -602.02 -2.14%
東証株価指数 1,927.18 -50.48 -2.55%

米国株

2022年1月21日(右は前週末比)
S&P500 4,397.94 -264.91 -5.68%
Dow30 34,265.37 -1,646.44 -4.58%
Nasdaq 13,768.92 -1,124.83 -7.55%

中国株

2022年1月21日(右は前週末比)
上海総合指数 3,522.57 +1.31 +0.04%

原油・ゴールド

2022年1月21日(右は前週末比)
原油WTI先物3月限 85.14 +1.84 +2.21%
ゴールドスポット価格 1,835 +17 +0.94%

日本国債

2022年1月21日

債券先物 10年物 150.97 前週末 150.8

国債(償還日 利回り 前週末利回り)
432回 2年利付国債 2024-01-01 -0.075% 前週末 -0.075%
150回 5年利付国債 2026-12-20 -0.035% 前週末 -0.020%
365回 10年利付国債 2031-12-20 0.130% 前週末 0.145%

米国債

2022年1月21日
13週債利回り 0.158% 前週末 0.118%
5年債利回り 1.547% 前週末 1.548%
10年債利回り 1.747% 前週末 1.772%
30年債利回り 2.064% 前週末 2.114%

コメント

タイトルとURLをコピーしました