リスクオフ

投資

今週の金融市場 2021年12月4日(土)

量的緩和縮小加速への懸念とオミクロン株の影響への懸念を巡り、今週の株式は上下に大きな動きを繰り返しましたが、前週末比では、日本株も米国株も大きく下げています。米国ではナスダックの下げが大きくなっています。リスクオフムードとなったため、外国為替市場ではドルや円が買われ、債券市場では米国債は長期債利回りが下落、原油市場では原油価格が下落しました。日本国債も買われ、利回りがジワリ低下しました。
投資

今週の金融市場 2021年11月27日(土)

日本時間の金曜日早朝に、南アフリカで新型コロナの新しい変異株が検出され、感染力がデルタ株より強く、ワクチンが効かない可能性があるとの報道がなされ、急激にリスクオフの動きが進み、株式や商品が売られ、円や債券が買われました。金曜日の日経平均株価は747円安となりました。欧州市場や米国市場でも株式は暴落となり、大証の日経平均先物価格は、金曜日の日経平均株価終値より更に893円安で引けました(日本時間の土曜日朝6時)。
投資

今週の金融市場 2021年11月20日(土)

先週の米国では、インフレが消費を抑制する指標が示されました。今週は、火曜日に好調な10月の小売売上高が発表され、インフレが消費を抑制する懸念が薄れ、株が買われる場面もありました。しかし、金曜日に新型コロナ蔓延でオーストリアが完全ロックダウンを発表し、ドイツも追随の可能性ありとの報道から、市場は一気にリスクオフムードとなりました。
タイトルとURLをコピーしました