年初来安値

投資

今週の金融市場 2021年8月21日(土)

先週金曜日のミシガン大学消費者信頼感指数ショック明けの今週の米国金融市場では、7月27-28日のFOMC議事要旨公開が最大のイベントとなりました。この中に「量的緩和縮小の雇用面の条件が年内達成の可能性」との表現があり、年内に量的緩和縮小開始との見方が拡がりました。しかし、債券市場に大きな反応は無く、10年債は買われ利回りは前週比で下落しています。一方、株式市場では、新型コロナ再拡大と一部米国経済指標への懸念、軟調な中国経済指標、アフガニスタンでタリバンが政権奪取した事などから、今週の米国株式は売られました。年内量的緩和縮小開始の見通しも株式市場を神経質にした面があります。只、木曜日後半から金曜日にかけては買い戻されています。
タイトルとURLをコピーしました